あなたの知らないワゴンセールの世界

ほとんどの人が見向きもしない中古屋やレンタル落ちのワゴンの中…しかし、その小宇宙にはまだ知らない映画たちが眠っている(はず)!そんな映画を語るブログです(週末 更新予定)

映画じゃないDVDを観てみる!「実録・裏仕事師 THE ホスト」(2007)の巻

実録・裏仕事師~THEホスト~ [DVD]

Y木:うわー、なんやこのDVDは…

S原:今回は、ホストの世界をご紹介します! 

(内容)

すべての欲望を飲み込む街・六本木・・・この街を華麗に生きるホストたちの生活に密着。女性を虜にするプロの必殺テクニックや人気ホストが語る業界の本音が明らかに!

 

Y木:おまえ……こんなDVD、よく買うなあ…

S原:結構、おもしろかったで。

Y木:でも、ホストとか興味ないやろ?

S原:全然ない。キャバクラとか会員制クラブとかも全く行きたいとは思わん。そもそも歌舞伎町も六本木も行ったことないしな。

Y木:よくテレビのドキュメント番組あるやん。銀座のママが云々とか、カリスマホストに密着とか。あれと一緒とちゃうの?

S原:基本的には一緒。これは Kings という店のホスト達がいろいろなことを話すねん。

Y木:ホストの世界の裏側の話やな。

S原:いや、そういうのはなかった。大半は『ホストという仕事は、大変ですねん』という愚痴やった(笑)

Y木:なんでDVD買って、他人の愚痴を聞かなあかんねん。でもこれ、パッケージみても、あんまりイケメンおらんなあ。

S原:そうやねん。このDVDでは、カッコいい男性はおらんねん。新宿・歌舞伎町じゃなくて、六本木のホストクラブらしいわ。

Y木:どうでもええわ、場所なんか。

S原:いや、新宿・歌舞伎町のホストは「金髪・ロン毛」で女性を口説きまくるけど、六本木のホストは「黒髪・短め毛」で、お客さんを大切にするらしいで。

Y木:うそつけ。

S原:いや、本人たちは言い切ってます(笑)

Y木:いかにお客さん(女性)を良い気分にさせてお金を使ってもらうかみたいなテクニックの紹介とかはないの?

S原:いや、そんなもんはなかった。

Y木:えー、じゃあ、ホストのお給料面とかヤクザがらみとか性風俗関係とかのヤバめの話は?

S原:なかった。

Y木:なんやねん。

S原:でも、そのかわりに「実演」があるねんで。

Y木:実演?

S原:なんと!初めてのお客さんを店内で接待する様子を収録されてます!

Y木:……だからなんやねん。

S原:だって、ホストが店でどんな会話しているか聞きたいやろ?

Y木:どうでもええけど(苦笑)それで、ホストはやっぱり女性との会話とか上手いの?

S原:いやべつに。普通の会話やった。

Y木:なんやねんって、もう。

S原:で、そのあとはまたインタビューになって「いや、ほんとホストは大変なんスよ」とか「新人のうちは店の掃除もしないといけないんスよ」とか愚痴るねん。

Y木:当たり前やがな、店の掃除なんか。

S原:「やっぱ東京に憧れがあるっスね」とか「店に来てくれた女のコを本気で好きなったけど、ダメだったスね」とかが続く。最後は「親は、やっぱ心配してるっスねー」「ほんと、ホストなんかやめて、まともな仕事しろって怒られるんスよ」。

Y木:親が正解やろ。

S原:そうして、これからも彼らのホストとしての日々は続く……って感じでおしまい。

Y木:…ほんまにしょーもないなあ…

S原:まあ、もうこの店はつぶれてるみたいやけどな。

Y木:というか、これって店の宣伝用DVDとちゃうの?

S原:ぼくもそう思ったけど、ドキュメントシリーズの一環らしい。

Y木:他に何があるの?

S原:『結婚詐欺師編』『振り込め詐欺編』『闇金融編』。

Y木:おいおい。ホストはともかく後は全部犯罪やがな。

S原:そして!なんと!それらを網羅した「リアルタイムドキュメント 実録・裏仕事師 完全収録版」も発売されてます!

Y木:要らんわ、そんなもん!

S原:さあ、みなさん。ワゴンコーナーの端のほうに見つけたら、これはお買い得ですよ~!何故って?これをみたら、ホストクラブなんか行きたくなくなるからです。お金の無駄遣いをストップできますよ!ストップ・ザ・ホストクラブ!ストップ・無駄遣い!

Y木:今回はわけがわからん……

映画じゃないDVDを観てみる!「高千穂鉄道 トロッコ神楽号」(2013年)の巻

高千穂鉄道 トロッコ神楽号 高千穂~延岡 [DVD]

S原:今度は鉄道のDVDですよ。

Y木:鉄道か… 

(解説)

高千穂駅から五ヶ瀬川に沿って下り、日豊本線延岡駅に至る50.0キロの第三セクター高千穂鉄道トロッコ列車「トロッコ神楽号」に、高千穂から乗車。春爛漫の美しい風景の中、終点の延岡駅を目指す。ビコムベストセレクションシリーズ作。  

 

S原:これは、なかなか良いねん。

Y木:どこが?

S原:やっぱり風景やな。絶景とまでは言えんけど、橋とかトンネルとかきれいに撮られている。鉄道オタクにとって、このDVDがどんな評価なのかはわからんけど、楽しかったで。

Y木:電車が映ってるの?

S原:運転席からの視点というのかな。あれが始発駅から終着駅までノーカットで延々と流れます。

Y木:うわー、マニアックやなあ(苦笑)

S原:でも不思議なことに、なんか観てるとハマるねん。とくに、田舎の駅にゆっくりと発着するときとかなんか味があってええねんなー。

Y木:えー興味ないなあ…

S原:田舎というのか自然の風景が好きな人は楽しめると思う。延々と線路と風景が流れているだけやからシュールと言えばシュールやけど(笑)でも、こういうDVDは初めて観たから楽しめた。それにしても感心した点があるんやけどな。

Y木:どこ?

S原:河川を縫うように線路が走ったり、崖にトンネルがあったり、よくこんな場所を丁寧に工事したなと感心したで。

Y木:へえ。

S原:ほんまに工事をした人達に敬意を表するわ。いまは廃線になっているらしいのが残念やわ。一回行きたかった。

Y木:なんで廃線になったの?赤字やったの?

S原:自然災害(台風)で橋梁が流されりしたらしい。

Y木:それは気の毒に。

S原:でも、なんか頑張って再開を目指してるみたい。頑張ってほしいわ。みんなで寄付しよっか?

Y木:勘弁してくれ。まあ言いたいことはわかるけどな、おれはとくに鉄道とか田舎に思い入れはないから、心動かんなー。

S原:あーそう?結構、ええのにな。

Y木:ま、人それぞれやけどな。

S原:さあ、みなさん。のんびりとした風景の連続に、旅に出たくなること間違いなし、です。鉄道がすきな人はもちろん、田舎の路線や風景が好きな人はマストバイですよ!

Y木:え、今回はこれだけ?短くない?

S原:だって鉄道のことなんか詳しく知らんもん。話すことなんかないで。

Y木:じゃあ、取り上げるなよ…

映画じゃないDVDを観てみる!「前人未湯 Vol.4 激流編」(2009年)の巻

前人未湯 VOL.4 激流編 [DVD]

Y木:こんなDVDまで取り上げるなって。なんでもアリか。

S原:いやあー、見つけちゃったのよ。 

(解説)

“源泉ハンター”大原利雄が、日本各地の温泉を紹介するバラエティシリーズ第4弾「激流編」。今回は新潟県にある、秘境の滝壺温泉「燕温泉」と、洞窟温泉「梶山元湯」のふたつをリポートする。

 

Y木:おいおい。こんなのを紹介してどうするんや。

S原:いやあ、でもワゴンコーナーに行ってみ?ほんまにこんなDVDが1本くらい置いてあるねん。ずっとそのまま放置するのも可哀そうやん。誰かが、弔わないとあかんやろ?

Y木:ええねん、こんなんは放っておけば。無縁仏でええねん。

S原:いやいや、こういうDVDでもちゃんと「魂」は、あるからな。

Y木:ないわ!だいたい、おっさんが温泉に入る映像を見て、楽しいわけないやろ。

S原:甘ーーい!オジサマたちがまったりと湯につかるイメージビデオではありません。これはもっとハードな源泉紀行なのですよ!

Y木:どうでもええねん。どうせ体当たりのお笑い企画やろ?

S原:いやお笑いではありません。

Y木:ほんまにオッサンが秘境の源泉に行くだけかいな。

S原:その通り。いやー今回、こういうDVDを初めてみたけどな。ほんまに世の中は広いで(笑)こんなものを作って、しかもそれを観る奴がおるんやから。

Y木:おまえや、おまえ。

S原:一種の食物連鎖やな。

Y木:おまえが最下層やろうけどな。

S原:このDVDは、いろんな意味ですごかったで。今回は、新潟県の燕温泉の近くにある「惣滝の湯」、「梶山元湯」の2つをレポートしてるんやけどな。まずはじめの「惣滝の湯」がすごいねん。

Y木:滝のある温泉ってことか。

S原:いやあ「惣滝の湯」はですねえ、とにかく山奥にあるねん。途中で土砂崩れの跡があったり、ちょっとやそっとじゃ辿り着けないような場所、なかなかの秘境やねん。歩いてる途中なんか、おっさんが「ハア、ハア」いうだけ音声に山道が映るだけという(笑)

Y木:へえ秘境か。そこまでして行く価値があるような場所なんや?

S原:いや。そんな価値ないよ。

Y木:どないやねん。要するに『誰もいない場所(秘境)で温泉にはいる』ってことやろ。

S原:いや、温泉につかりませんよ。

Y木:?

S原:轟々と落ちてくる湯に体をぶつけるだけです。

Y木:ただの修行やないか!

S原:しかも「熱っーーー!」って叫んでおしまい。

Y木:そんなもん観てどうするねん。

S原:源泉ハンター・大原氏曰く「これ以上の温泉はない」「でも人気がない」とのことです。

Y木:そりゃ人気ないわ。

S原:さー、続いての「梶山元湯」も負けていませんよ。ここも山奥にあります。やっぱりおじさんが延々と歩く場面が続きます。ハアハアというおじさんの息遣い…

Y木:またかいな。

S原:そして着きました!この元湯はですねえ、まず岩に伝ってチロチロとお湯(温泉水)が流れています。湯舟はないのです。

Y木:どうやってレポートするの?

S原:源泉ハンター・大原氏は裸になって、岩に張り付きます(笑)岩伝いに落ちてくる源泉に体を近づけて、「あーお湯は暖かいけど、岩が藻でヌルヌルしてまーす」とレポートして、おしまいです。

Y木:藻でぬるぬる…

S原:これがプロの仕事なんやろうな。

Y木:……なあ、ちょっと聞きたいねんけどな。

S原:はい、Y木さん、どうぞ。

Y木:こんなんして、だれが喜ぶのん?

S原:だれも喜びませぬ!

Y木:やっぱり。

S原:ただただ、ワゴンコーナーが充実するだけです!

Y木:充実って。

S原:まだまだ他にシリーズがありますよ。「火口編」「海中温泉編」「天国に一番近い編」など、気になりますねえ!

Y木:気にならへんわ。おまえ、もしかしてほかのシリーズを見つけたら買うの?

S原:買いませぬ!

Y木:やっぱりな。

S原:さあ、みなさん!日本にはまだまだ秘境源泉があります。とても入る気になれない温泉が好きな人や中年男性のセミヌードに萌える人はマストバイですよ!

映画じゃないDVDを観てみる!「実録!心霊現場検証 エピソード2 知らなくてもいい事実がそこにある。」の巻

実録!心霊現場検証 エピソード2 知らなくてもいい事実がそこにある。 [DVD]

 

S原:今回はこちらです。

Y木:おまえ、こんなDVDをほんまに買ったん?

 

(あらすじ)

「火の無いところに煙は立たず」 昔からよく言われることわざであるが、このことわざに心霊スポットを当てはめてみると 何かしらの原因が存在し、霊が出現する可能性も高いということになる。 その現場をただひたすらに撮影し「怖いか怖くないか?」のみを追求し、そこに何があるのか? その答えは映像の中にのみ隠されている、そして見た者のみが答えを知ることが出来る。 心霊ナビゲーターとレポーターのみが出演、最少人数のスタッフ、全てはその場の空気と霊を求めての 撮影スタイルである、無駄な演出はいらない、ただ事実を伝えるのみ。 しかし、あえて言おう、霊は存在する・・・ 演出なしの臨場感、リアルな恐怖、不可解な出来事、驚愕のハプニング、まさに悪夢、 実録!心霊現場検証シリーズ、知らなくてもいい事実がそこにある。

 

 

S原:ほんまにワゴンコーナーは宇宙やで。意外な作品との出会いの連続やから。

Y木:出会いはええけど妻子のある身で…こんなもん購入するのがスゴイというのか、なんというのか…

S原:まあ、このブログのネタになるかも、という下心はあったけどな(笑)

Y木:あれ、前にも同じようなDVDを紹介してなかったっけ?

S原:「怪奇アンビリーバブル!」シリーズな。でも、あっちは再現ドラマとかあったけど、こっちはそれもない。さらに低予算やった…(笑)それよりも、この上のあらすじを読んでよ。

Y木:このあらすじ、おおげさやなあ(笑)

S原:『あえて、言おう、霊は存在する』というのが、笑えるよな。ギレン・ザビみたいで(笑)

Y木:それで、どうやったの?怖かった?

S原:怖くない。

Y木:そりゃそうやろ。

S原:テレビ番組とかで心霊スポットに行くやん。ぼくは観てないけど、youtubeとかでもそういう動画がUPされてるらしい。

Y木:こういうネタは、昔からの定番やもんな。

S原:このDVDでは、かなり簡単な作りやねん。男女2名が心霊怪奇現象のある場所にいくっていうだけ(笑)これはエピソード2やねんけど、どうもエピソード1で取材に行ったとき(神社か祠?)に、女性に何かが憑いてる、という話からはじまるねん。

Y木:憑いてる?

S原:うん。だから除霊をしてもらう。

Y木:だれに?

S原:賀大蜂誠という心霊メッセンジャーらしい。

Y木:心霊メッセンジャーってなんやねん。除霊はどんなんやった?

S原:なんか肩たたきのマッサージみたいやった。

Y木:それで?

S原:心霊メッセンジャーのおじさんに「これから気を付けるように!」と言われておしまい。

Y木:何に気をつけるねん。

S原:それから、幽霊が出る(?)といわれるトンネルに取材に行く。

Y木:そんな場所あるんや。どこ?

S原:それは言えませぬ。近所に住んでる人に迷惑になるから、という理由だそうです。

Y木:なんて弱腰な取材や。

S原:さて、トンネルでは女性がカメラを持っていきます。スタッフも同行せずに、たった一人きりです。トンネルには電灯もなく本当に真っ暗です。ヤングな女性が突撃レポートに挑戦です。

Y木:へえ。それで霊かなんか映ったの?

S原:いや、ずっと暗闇でなにも映っていない(笑)

Y木:なんやねん。

S原:でもリアルやったで。

Y木:なにが?

S原:はじめは、女性が暗闇で自分の顔とか暗闇を映しながら「トンネルは気持ち悪いですよお…」「やっぱり、怖い雰囲気がありますねえ…」とレポートするねんけど、途中からは「ギャー!」とか「カエルがいたー!」「トンネルから水が漏れてるー!」「あー!水が髪の毛にかかったー!」挙句は「靴ひもが解けたけど、怖くて直せなーい!」と延々と言い続ける(笑)

Y木:知らんがな、靴ひもなんて。

S原:結局、真っ暗な画面に女性がキャーキャーいってる声が聞こえるだけ。女性がこの仕事を嫌がっているのがわかるリアルな映像やった(笑)

Y木:トンネルのレポートをせなあかんのに、自分の心情をレポートしたらあかんやろ(苦笑)

S原:そのあと、もう一本のトンネルに取材に行きます。これも場所は秘密です。

Y木:まだ行くんか。

S原:次も女性が突撃リポートをします。次はちゃんと電灯が点いているトンネルです。そして同じく単独取材をします。一人でカメラを持ち、ゆっくりと歩く女性…でもあまりの怖さにトンネルのレポートは出来ずに、「あー!」「マジ怖い!」「まじやばい!」「ギャー!」と叫びながらトンネルを歩くだけです。

Y木:だから、一回失敗してるんやから、取材方法を変えろって!

S原:最後は「トンネルがまっすぐなので、逆に怖ーい!」と絶叫する(笑)そして現地取材はおしまい。なんともシュールな取材やったな。

Y木:はー…ため息がでるわ…

S原:そういうわけで、今回の心霊現場検証は終わりました。

Y木:結局、なにもなかったやん。

S原:はい。一応、最後にどんでん返しがあるねんけどな。

Y木:どんでん返し?

S原:ジャーン!なんと!トンネル取材後に、女性を撮った写真には、なぞの湯気(煙?)みたいなものが映ってるねん!

Y木:なんやねん、湯気って。

S原:ナレーションによると「女性の体から逃げ出した霊媒」らしい。

Y木:観てないけど、絶対ちゃうと断言できる。

S原:このシリーズは「実録!心霊現場検証 エピソード6」まであるねんで。シリーズが作られる続けているということは、ちょっと人気があるんやろな。

Y木:そうなんやろうな。よくわからん世界やけど…

S原:いやーレンタルで毎回借りるという強者がおるんやろうな。世界は広いで(笑)

Y木:ほんまにな。

S原:さあ、みなさん、怪談ともいいきれないような不思議なDVDですが、友達をお酒を飲みながら見る分には楽しめると思います。全然、怖くないのが欠点ですが、女性が心霊スポットを嫌がっている姿に萌える人は、マストバイですよ!

映画じゃないDVDを観てみる!「甲虫類世界最強決定戦 クワガタ×カブトムシ 」(2013年)の巻

甲虫類世界最強決定戦 クワガタ×カブトムシ [DVD]

 

S原:今回はこちらです。

Y木:こんなDVDについて、どんなトークせえっちゅーねん…

 

(解説)

いつの時代も男の子の心を捉えて離さないクワガタ・カブトムシのバトルを人気種限定トーナメントとエキジビジョンマッチでお届け。まさに世界中から強豪たちが終結!世界最強王者が決定する瞬間を見逃せない!

 

S原:いやー、ついにカブトムシとクワガタとの最終決戦がみれるな。

Y木:おまえ、ほんまにこのDVDの話をするつもりか?

S原:うん。

Y木:おまえ、カブトムシもクワガタも、そんな興味ないやろ。

S原:でもな、ワゴンで出会ってしまったのよ。

Y木:出会うんはええねんけど、頼むからスルーしてくれって!

S原:いやーこのDVDはなあ、なかなかすごかったで。

Y木:ほんまに話すつもりなんや……(苦笑)もうええわ。ちゃんと聞くわ。

S原:こういうDVDって、適当に珍しいカブトムシとか映してたらOKの世界やん。これは日本では希少なクワガタです、とかナレーションをつけて。(笑)

Y木:子供だましってことか。

S原:そうそう。でも、このDVDはちゃうねん。ほんまに戦わせるねん。

Y木:戦わせるって?

S原:小さな木の上で向い合せる。

Y木:相撲やな。

S原:そうそう。驚いたのは、ちゃんとクワガタとか戦うねん。ほんまに相撲みたいに持ち上げたりするねんで。

Y木:知らんがな。

S原:それに実況と解説がつきます。「いやあ、このクワガタはですねえ、気が荒いんですよ!」とか「相手をはさむ力は強いですよ!」とか、解説してくれるねん。実況もノリノリで「ああ、相手をかなり警戒してますねえ!」とか「これは緊張感のある戦いですねえ!」とか。

Y木:……世の中にはいろんな人がおるんやな。

S原:笑ってしまったのは、特典映像で、レアな虫(ローゼンベルグオウゴンオニクワガタとか)を紹介するコーナーがあるねん。

Y木:ほー昆虫マニアは喜ぶんやろうな。

S原:いやー、アイドルのグラビア撮影みたいやねん(笑)カメラがゆっくり近づいたり、ソフトなBGMが流れたり(笑)

Y木:ほんまいかいな。

S原:ちょっと、撮影されてるクワガタも恥ずかしそうにしたりしてな(笑)

Y木:うそつけ!

S原:いやー、シュールやったわ。昆虫マニアは、あれに興奮するんやろうな。

Y木:たぶんそうやろうな。でもよく考えれば、珍しいクラシックカーの紹介映像とかも、延々と車を映してるだけやから(笑) 

S原:たしかにそうか。じゃあ昆虫も水着グラビアも一緒ってことか。

Y木:かもな……

S原:さあ、みなさん。3度の飯よりもクワガタやカブトムシが好きなあなた!あなたにとっては、もうヘアヌード写真集そのものです!クワガタやカブトムシのあられもないショットの連続、眩しい肢体も堪能できますよ!昆虫マニアは、マストバイです!

映画じゃないDVDを観てみる!「裏ハローワーク」(2007年)の巻

裏ハローワーク [DVD]

 

 

Y木:なんやねん、これ?

S原:「裏ハローワーク」。決して、表のハローワークでは扱われない仕事を紹介するDVDです。

 

(内容)

デリヘル、オレオレ詐欺メイドカフェ、リアルライブBOX、盗撮師など、決してハローワークでは紹介されることのない裏家業の実態を暴いたドキュメンタリー作品。

 

 (はじめに)

Y木:よくもまあこんなDVDを見つけるわ。もはや、映画でもオリジナルビデオでもないやないか。

S原:まあな。でもワゴンコーナーを扱う立場としては、こういうDVDも避けて通れへんねん。

Y木:別にええやろ、避けて通れば。

S原:せっかくゲットしたから紹介しまーす(笑)

 

(デリヘル)

Y木:どんな内容?

S原:これはですねえ、関係者(経営者?)が、デリヘルになろうとしている女性に、仕事内容を教えるだけやった(笑)

Y木:なんやねん、それ。

S原:ほんまにそうやねんて。デリヘル初心者の女性に対して、汚らしいオッサンが、ベッドに寝て「こうすればお客さんは喜びます」とか「お客さんには優しく話しかけてあげてください」とか丁寧に教えるだけ。それが延々と映る。

Y木:そんなん観てどうするんや。

S原:そういっては話は終わります。もう一人デリヘルに興味のある女性が登場します。女子は、デリヘル嬢になるのかどうか迷っています。さきほどのオッサンが、一所懸命に勧誘します。ここは、ちょっとだけ面白い。

Y木:どんな感じ?

S原:いかにも怪しいって感じではないけど、やたらとペラペラしゃべってて、やっぱりどこか怪しい(笑)オッサンは懸命に「大丈夫だから」「彼氏にしてるのと一緒だから」「怖くないから」「稼ぎは良いから」と説明をしますが、女性は怖くなって途中で逃げ出します。

Y木:リアル…かもしれんけど、どう言えばええんや。

S原:いやー大変ですな、デリヘルも。

Y木:知らんがな。

 

オレオレ詐欺

S原:オレオレ詐欺はですねえ、ひどいです。

Y木:そうやろうな。

S原:よく警察が作った「オレオレ詐欺に気を付けましょう!」という番組あるんやん。

Y木:高齢者がダマされるやつね。

S原:そうそう。あれやった。

Y木:えー…あれ?あれをわざわざ見せられるの?

S原:うん。ひどいで。一応、オレオレ詐欺をしているオジサンが、裏話をするだけ。それも大したことなかった。

Y木:なんやそれ。このDVDが詐欺やないか。

S原:うまく言うなあ…

 

メイド喫茶

S原:これもヒドイ。

Y木:メイド喫茶の裏側の話なんやろ?ちょっと裏の風俗みたいな話もあるんとちゃうの?

S原:いや、全然なかった。普通の娘が、メイド喫茶でバイトするっていうだけやった。バイト先の娘たちにインタビューしてるだけやねん。

Y木:なんやそれ。ニュース番組の特集やないか。

S原:いやーあれよりも薄味やな。でも、このDVDでは「とくにスキルも要らないし、安全だしメイド喫茶を仕事にするのはおススメ」らしい。

Y木:ごっつい適当なアドバイス

 

(リアルライブBOX)

Y木:リアルライブBOXってなに?

S原:よくわからんけど、覗き部屋みたいなもんかな。ガラス越しにイヤらしい格好をするみたい。これは、女性が紙袋に隠しカメラをつけて潜入取材。

Y木:おお、今回はちゃんと裏側取材してるやん。

S原:まず女性が、個室にはいると、ガラス越しに他人(男)がおるねん。男側は暗くて、女性からは見えへんねん。でも会話はできるねん。

Y木:女性は何をするの?

S原:なんにもせんでもええらしい。でもそれでは意味がないねん。だから(女性が)お小遣いを稼ぐこともできる仕組みがある。

Y木:お小遣い?

S原:女性はボックス内で(隣の部屋の)男性のリクエストに応えることで、収入がはいる仕組みらしい。ここは、忠実にナレーションを再現すると、「指名が1000円、四つん這いが500円、おっぱい見せ1000円、バイブなめ1000円、使用済みパンティーが2500円」らしい。ガラス越しにこういうことを見せて、お金をもらうわけやな。断ることもできるらしいわ。

Y木:ほんまかいな。

S原:笑えるのはガラス越しに乳房をつけて、男がガラスを舐めるシーン。そりゃ、「ミッドナイト・エクスプレス」(1978)やっちゅーの!(笑)

Y木:シュールやなあ。ほんまにそんな店があったんやろか。

S原:ガラス越しに男女が会話をしてるのを見るのは、たしかに前衛芸術みたい(苦笑)このDVDは2007年販売やから、今はこういう形態の店(風俗?)はもうないかもな。

Y木:行ってみたいとは思わんなあ。

S原:DVDによると「リスクも少ないので女性におすすめの仕事」らしいわ。

Y木:ほんまかいな。

 

(盗撮師)

S原:盗撮の話をしていますが、ずっと盗撮画像(女性の着替え)が映っています。

Y木:なんやねん。

S原:たぶん、盗撮シーンを見せたかったんやろうな(笑)

Y木:そういう意味か。

S原:要するに「盗撮をしたら、そういう映像を買い取ってくれる業者がいる」らしい。

Y木:おいおい。このDVDは一応ハローワークなんやろ。なんというか、風俗とかメイド喫茶はともかく、オレオレ詐欺とか盗撮はただの犯罪やん。

S原:一応、申し訳程度に「盗撮は犯罪です」という字幕が出る(笑)まあ、どっちにせよたいしたことなかったな。盗撮者(犯罪者)が、いかに盗撮が大変かと語る。

Y木:知るか。犯罪をやめろ!

S原:このDVDにでてきた盗撮師は、最近ナンパでハメ撮り映像に凝っているらしいわ。

Y木:どうでもええわ!

 

 (まとめ)

Y木:結局、このDVDはどうなん?

S原:うーんどれも普通やったかな。もっとやばい裏側が見えるかと思ったけど、たいしたことなかった。あとちょっとお色気シーンが多いから、そういうのを見せるのも目的なんかもな。

Y木:そうやろうな。

S原:でも、メイドカフェもデリヘルも経験がないから、僕としては勉強にはなったかな。

Y木:よかったな、社会勉強になって(笑)

S原:結局、警察24時とかノンフィクションとかあるやん。ああいうモノに近いけど、大したことなかった。

Y木:要するに、テレビ番組のほうがええってことやろ?

S原:そうやねん。そこがちょっと残念やったな。

Y木:これって風俗のシーンも含めて、やらせやろ?

S原:え?やらせ?

Y木:決まってるがな。こんなもん、全部売れてない役者が演じてるんやがな。

S原:そうなんや…どうりでセリフが聞き取りやすかったし、隠しカメラがたくさん置いているなあ、と思ったわ。

Y木:おまえ、素直を通り越してるぞ…(呆れた目)

S原:でも、こういう世界を知らんかったからな。こういうDVDもアリやと思うで。

Y木:じゃあ、ほかにもこのシリーズを観て紹介する?

S原:いやーもうええわ(笑)

Y木:やっぱり(笑)

「リーサルドーズ」(2003年)の巻

リーサル・ドーズ [DVD]

 

S原:今回はこれです。
Y木:うわー…

(あらすじ)
人造兵器と人間との死闘を描いたSFサバイバルホラー。人体実験の被験者にされた仲間を救うため、謎の生体実験所に乗り込んだ過激派動物愛護団体の若者たち。しかし、室内のあちこちに仕掛けられた残酷なトラップにより、彼らは次々と命を落としていく。


S原:主人公は女性。主人公には仲間がいて、過激派団体らしい。彼らが、はじめに研究所みたいなところに忍び込むねんけど仲間の一人がケガする。それはええねんけど「罠」にかかってケガをするねん。
Y木:罠?
S原:よく山に置いてあるイノシシとかの足を挟む金具あるやろ?踏板っていうんかな。あれに足を挟まれるねん。
Y木:なんで、そんなもんが研究所にあるねん!
S原:それで「おまえ自分で何とかしてくれ!」「ごめんね♡」と仲間を見捨てて逃げる。これがオープニング。
Y木:最低な出だしやん…
S原:1年後。過激派団体に謎のメールが届きます。どうも暗号のようです。
Y木:暗号?どうやって解読するの?
S原:一番最初の文字を拾ったら、解読できた。
Y木:なんやねん、高校生の恋愛メールか!
S原:暗号を解読すると、ある場所を指していることが分かる。そこはとある研究所です。そして、主人公たちは研究所に侵入します。そこでは動物実験などをしている装置があるねんけど、いかにも怪しい雰囲気満載やねん。やがて、彼らは「やれやれ」と休憩して、大麻をのんびりと吸います。
Y木:なんで、研究所に忍び込んでいるときに、大麻を吸うねん?意味が分からん。
S原:おまけにインド風のBGMでトリップする場面がでます
Y木:やめてくれ~。
S原:そうこうしているうちに、仲間割れをしたり、メンバーの1人から鼻血がでたりします。
Y木:鼻血…
S原:この研究所には謎がありそうだってことでどんどん進んでいきますが、仲間が死んだりして逆に閉じ込められてしまう。研究所が揺れたりみんなが耳鳴りを感じたり、どんどん追い詰められていきます。そして、鼻血がでます。
Y木:また鼻血…
S原:やがて仲間の1人が、なにかに襲われます。助けることが出来るのに、ドアの向かうにいる仲間を見捨てる主人公たち。
Y木:なんで助けへんの?
S原:「いま、助けに言ったらおれたちまで死んじゃうだろ!」と逆切れするねん(笑)。それに襲われてるやつは、仲間内でもいまいち人気のない奴やから。
Y木:ごっつい勝手な理由やなー。
S原:あとの場面で「あいつが死んだのは自業自得だわ」と主人公がつぶやきます。それを聞いた仲間も「そうだよな」「おれたちは悪くないよな」「はじめから、あいつはヤバいって思ってたんだ」と自己正当化します。
Y木:子供か。
S原:やがて、なにかに襲われるような気がした主人公たちは、逃げます。ところが逃げ場所を失います。ここでクイズです。追い詰められた主人公は何をするでしょーか?ヒントは「逃げ道をさがす方法」です。
Y木:クイズ…めんどくさいなあ(苦笑)えー、どうでもええけど…研究所のPCから平面図をチェックするとか?
S原:ブー!外れー!
Y木:なんか腹が立つな。
S原:正解は……「念仏を唱える」でした!主人公は真剣な顔でつぶやきます。「南無妙法蓮華経…南無妙法蓮華経…」えーとですねえ、突っ込まれる前にいいますが、これはほんまです!
Y木:うわー…
S原:仲間の一人は「やめてくれよ。縁起でもない」と突っ込みます。
Y木:そりゃそうや。
S原:でも、あーら不思議「南無妙法蓮華経…」と唱えたおかげで、逃げ道がみつかります。
Y木:念仏を唱えて脱出口がみつかる…?うそやろ…
S原:何度も言いますが、ほんまやねん。
Y木:それで脱出できるの?
S原:できません。念仏のおかげでわかった逃げ道をすすんでいくと、行き止まりでした。主人公は小さな声で言います。「…ごめん…」。
Y木:間違った道をおしえるって、ありがたみのない念仏やなあ。
S原:あと、言い忘れてたけど、こいつら動物保護団体やねん。
Y木:あー…そう…
S原:もう省略して話を進めると、仲間はどんどん殺されていく。SMの道具みたいな器具に捕まって、宙づりにされてる仲間もいます(笑)

Y木:SM器具に捕まるって…どこまでショボいヤツや。

S原:この研究所には、どうも襲ってきている奴らがいるらしい、そいつらの姿は見えない、ということが分かってくる。
Y木:見えないんや?
S原:うん。だから俳優たちがキョロキョロするだけ。「どこだ?」「あっちか?」って。
Y木:ドリフやがな。
S原:やつらは電気を伝ってやってくるらしい、と分かる。ちなみに、なぜ「電気を伝ってる」と理解したのか、という説明はありません。
Y木:もうええわ。しんどくなったから、ラストを教えて。
S原:ラストは、主人公が水槽に隠れているときに襲われます。水槽にはなぜか湯気がでていて、温泉に浸かっているようにしかみえません。
Y木:温泉って。
S原:そしてなんと!いままで襲ってきたのは、最初に見捨てた仲間でした!(ちゃんと観てないからわかりませんが、たぶんそう)主人公は、必死で風呂に引きずり込んで、やっつけます。そして、主人公は生き残った仲間(男)の1人と一緒に研究所を脱出します。なぜかそこは広大な湖です。たくさんの仲間が死んだのに「家に帰りましょ♡」「ここからは2人っきりよ♡」とのんびりとボートをこぐふたり。まるでデート(笑)
Y木:仲間がたくさん死んだのにデート…
S原:そして、そのころ研究所に残されたSM器具でぶら下がっているオジサンが、ガオーッと怖い顔をして、おしましい。
Y木:SM器具のオッサンは、そのまま放置?

S原:はい。SM&放置プレイです。

Y木:おもろいないねん。大体わかったけど、なんかいかにもB級って感じやな。ところでジャケットにあるような女性アンドロイドみたいな怪物は?
S原:まったく出てきません。
Y木:これっぽいのも出ない?
S原:でません。
Y木:ジャケットには「目覚めよ、人造戦士」と書いてるやん。
S原:目覚めません。
Y木:そこまで堂々とウソのジャケットやと、いっそすがすがしいよな。
S原:うん、これでええねん。こういう映画は観た人が「負け」やねん。はじめから負け戦とわかっていて、戦うこの身の哀しさよ…まさに哀・戦士
Y木:おまえが好きで観てるんやろ!
S原:さあ、みなさん。B級映画の中でもかなり薄味です。そしてまったく面白くありませんが、途中の念仏のシーンは見どころです。SM器具に宙づりにされる、汚らしい中年男に興味がある人もぜひどうぞ!